早漏防止薬で世界初のプリリジー

早漏症の別名をPE症といいますが、日本では決して早漏の男性は少なくないとされています。早漏を治す方法としては、治療薬で有名なプリリジーを始め様々な方法があります。早漏を治す方法についてまとめていきます。

早漏防止にリドスプレーやED治療薬を使用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

性行為の時に早漏だと女性を満足させる前に射精をしてしまうので、女性は不満に感じる人も多いです。
原因によっては自分の努力や訓練で治ることもありますが、手術をしないと治らないケースもあります。手術イメージ
セックス経験が少ない人や長い期間セックスをしていない人は、セックスの時に緊張してしまい射精が早くなる人も多いです。
その場合の一番の対処方法としては、セックス経験をどんどん積むことで慣れていき、射精を自然にコントロールできるようになります。
亀頭が包皮に覆われている場合は、セックスの時に亀頭が刺激をうけやすくなるので、射精が早くなります。
その場合の対処方法としては、手術によって包茎を治すことや矯正器具を使用して、治すと射精がコントロールしやすくなります。
包茎手術をする場合は、病院選びを慎重におこなうことが大事です。
包茎手術をしたくないという人は、包皮をいつも剥いた状態にして剥き癖をつけるといいでしょう。
刺激に過敏に反応してしまう人は、セックスの前にペニスにスプレーを吹きかけると感覚が鈍くなり早漏改善につながります。
スプレーを選ぶ時はどれを選んだらいいかわからないという人もいますが。
リドスプレーなら口コミでもとても評判がいいので、早漏防止スプレーとして人気があります。
リドスプレーに含まれている成分のリドカインには、局所麻酔の効果があるので、ペニスにリドスプレーを吹きかけるだけで早漏防止の効果があります。
使い方はセックスの20~30分くらい前にペニスに直接スプレーするといいでしょう。
1回で3~8回くらいスプレーすると効果が高まります。
ED治療薬も早漏防止に効果があります。
スプレーだと女性に早漏であることを知られてしまう可能性もありますが、ED治療薬ならば前もって飲むことができるので、女性にばれずにすみます。
ED治療薬の中には効き目が長い物もあるので、長い時間女性と過ごしていても安心です。