早漏防止薬で世界初のプリリジー

早漏症の別名をPE症といいますが、日本では決して早漏の男性は少なくないとされています。早漏を治す方法としては、治療薬で有名なプリリジーを始め様々な方法があります。早漏を治す方法についてまとめていきます。

早漏改善で有名な塗り薬の効果とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

早漏とは性交渉の最中に、平均的な時間よりも短い時間で射精してしまうと言う症状になります。
この早漏は男性にとっては大きな問題になっていて男性特有の悩みの中でも深刻度は高くなっています。
なので早漏で悩む方の多くは様々な方法で早漏改善を考えていますが、その中に塗り薬を使って改善する方法があります。
そしてその様な塗り薬の中でも特に有名なのがトノスになりますが、これは万人に対して効果が発揮される可能性は低くなっています。
そもそも早漏の原因は大きく分けて3種類になっていて、加齢によるものと物理的刺激への弱さや精神的な問題が挙げられます。
そして、トノスが効果を発揮するのは主に加齢が原因の場合になります。悩む男
加齢が原因の早漏は、男性ホルモンの分泌量が低下している事が主な理由になります。
なので局所麻酔効果と男性ホルモンが配合されているトノスは加齢が原因の場合には非常に効果が高いとされています。
しかし物理的な刺激が原因の場合は、男性ホルモンよりも局所麻酔効果の方が重要になります。
亀頭に与えられる刺激に鈍くなれば、性的な興奮は低くなりますので射精までの時間が長くなると言えます。
また精神的な問題の場合でも、亀頭への刺激を抑える事ができれば自信の回復に繋がりますので改善効果が期待できます。
なので、加齢以外が原因の時には高い局所麻酔効果が最重要ポイントになります。
そしてその為に効果的な塗り薬が、デリケートゾーンのかゆみを抑える軟膏などになります。
基本的にこのような軟膏は塗った部分の感覚を鈍らせる局所麻酔効果がありますし、デリケートゾーンを同じ様に敏感な亀頭に使っても安心と言えます。
なので、最近ではこのような軟膏を使って早漏改善を考える男性が増えてきています。